プログラム

11月30日(土)1日目

会長講演

「ヒトと人間(ひと)の科学を看護へ」

演者
石垣 和子(石川県立看護大学)

座長
萱間 真美(聖路加国際大学大学院)

特別講演

「知られざるヒトの適応機構の解明 -フィールドワークからの挑戦-」(仮)

演者
梅﨑 昌裕(東京大学大学院)

座長
石垣 和子(石川県立看護大学)

合同シンポジウムⅠ(日本生理人類学会)

「適応と健康:現代社会における人間の健康とは?」

演者
安河内 朗(日本生理人類学会)
樋口 重和(九州大学大学院/日本生理人類学会)
石垣 和子(石川県立看護大学)

座長
小林 宏光(石川県立看護大学/日本生理人類学会)

教育講演Ⅰ

「看護研究と実践・教育の環境づくり」(仮)

演者
Ardith Doorenbos(ワシントン大学)
真田 弘美(東京大学大学院)

座長
北岡 和代(公立小松大学)
池田 真理(東京女子医科大学)

合同シンポジウムⅡ(文化看護学会)

「時空を超える家族文化と看護」

特別講義
三部 倫子(石川県立看護大学)

演者
牟田 和恵(大阪大学大学院)
法橋 尚宏(神戸大学大学院/文化看護学会)
岩本 大希(WyL株式会社/ウィル訪問看護ステーション江戸川)

座長
正木 治恵(千葉大学大学院/文化看護学会)
川島 和代(石川県立看護大学)

特別報告会

「特定行為研修制度の現状」

演者
習田 由美子(厚生労働省)

座長
石川 倫子(石川県立看護大学)

シンポジウム

「環境の変化が人類の代謝機能に及ぼす影響と今後の食のあり方」

演者
奥村 仙示(徳島大学大学院)他

座長
稲垣 美智子(金沢大学大学院)
長谷川 昇(石川県立看護大学)

12月1日(日)2日目

パネルディスカッションⅠ

「時空を超える高度看護実践能力」

演者
田村 恵子(京都大学大学院)
春山 早苗(自治医科大学)
島田 珠美(川崎大師訪問看護ステーション)

指定発言
藤沼 康樹(日本医療生協連合会家庭医療学開発センター/生協浮間診療所)

座長
山本 則子(東京大学大学院)
荒木 暁子(日本看護協会)

対談

「人間を理解することの限界と挑戦~現象学的視点からの他者理解を考える~」

演者
平田 オリザ(劇作家/大阪大学COデザインセンター)
西村 ユミ(首都大学東京)

座長
牧野 智恵(石川県立看護大学)

教育講演Ⅱ

「がんゲノム新時代における看護の役割」

演者
村上 好恵(東邦大学)

座長
神田 清子(高崎健康福祉大学)

パネルディスカッションⅡ

「ニューロサイエンスの現在・未来 -ヒトと人間(ひと)の科学の看護における融合⁻」(仮)

演者
大久保 暢子(聖路加国際大学大学院)
才藤 栄一(藤田医科大学)
鎌倉 やよい(日本赤十字豊田看護大学)

座長
荒木 暁子(日本看護協会)
多久和 典子(石川県立看護大学)